受け入れ登録ご希望の企業様へ

NEWパートナー募集中

日本で働きたい意欲的な若者を採用したい、有望な人材をスカウトしたいなど、外国人観光客への対策や人材不足を解消するために外国人の雇用をお考えの企業様、ぜひICHIGOとワーキングホリデープログラムを通して、現地でダイレクト募集を行ってみませんか。

ポーランドとは?

ポーランドは中東欧ヨーロッパにあり、有名な音楽家のショパンが生まれた国です。スラブ語で「平原の国」という意味があるように、広大な平野が広がる、自然がとても美しい国です。歴史的に統合・分割を繰り返してきた背景もあり、とても忍耐強く、まじめな人が多いです。そして、なんといってもポーランド人はとても温かく、ホスピタリティがあるのが特徴です。

日本ではあまり知られていないポーランドですが、日本へ旅行するために、日本で働くために、一生懸命日本語を勉強している学生がたくさんいます。

そんな活気あふれるポーランド人の若者を労働者として受け入れ、日本ーポーランド間の架け橋になっていただける企業様を募集しています。

 

メリット1:
若い人材

日本語を勉強している向上心旺盛で意欲的な若者からの応募が多く、有能な人材を採用できます。

 

メリット2:
安定した人材の確保

学生ビザとは違い、就労時間の規制がないため、期間内は確実に人材確保を行うことができます。

 

メリット3:
低リスク

外国人採用を考えているが、職場になじんでもらえるか不安であるなどの悩みも多いのではないでしょうか。日本―ポーランド間のワーキングホリデー制度を利用し、ワーキングホリデービザ取得者を採用した場合、貴社で就労ビザを取得する必要がないため、リスクや負担を減らし、グローバルな人材を増やすことができます。

 

メリット4:
グローバル化・インバウンド対策

ワーキングホリデー期間に、正確や仕事の適正などをチェックし、正式採用へ繋げることもできます。(参加者一時帰国の必要の可能性有)。弊社はインバウンドビジネスに特化したナトミビジネスコンサルティングと提携しており、外国人採用についてもサポートを行っています。

 

メリット5:
日本語が話せる外国人社員

ビザ取得のサポートだけではなく、仕事をする際に必要な日本語でのコミュニケーション能力を向上させる研修を渡航前に無料で行います。

 

メリット6 :
低コスト

パートナー企業としての登録費無料!広告宣伝費1万円から、紹介料5万円から将来性のある人材を採用できます。

 

ご利用いただいた企業様の声

フルタイムで働けるスタッフを採用できるので、今後の見通しが立てやすいです。契約書などを現地の言語で作成するなどのサポートもあり、受け入れがスムーズに行えました。
海外人スタッフの割合を増やす目的で、受け入れ登録をしました。海外の研修生を受け入れる場合とは違い、書類の提出などもないため、受け入れるまでの手続きがとても簡単だと感じました。
直接会ったことのない外国人を受け入れるということで、抵抗がありましたが、いままで受け入れた人は本当に日本に興味があり、一生懸命働いてくれるので、非常に助かっています。

実例1:焼き鳥のお店(人材不足を補うため)

渡航前に実際にお店で使われているメニューを使いながら、接客で必要な日本語のトレーニング・日本文化の研修を行う。

職種 レストランのウエイトレス
期間 最低6か月
1日の勤務時間 8時間
休暇 週2日
給与 月給155.000円
待遇 滞在先の提供有(費用自己負担)
航空券のサポート有(給料から月々差し引き)
日本語のレベル 日常会話程度
英語のレベル 日常会話程度

実例2:ホテル(外国人社員を増やすため)

職種 最初の3か月でフロント業務・レストラン業務・宴会業務・客室清掃業務をローテンションで担当し、メインで勤務する職種を決定
期間 12か月(契約更新可能)
1日の勤務時間 8時間
休暇 週2日
給与 月給140.000円
待遇 滞在先の提供有(費用会社負担)
航空券のサポート有(給料から月々差し引き)
日本語のレベル 初級
英語のレベル 日常会話程度

受け入れ登録、募集開始までの流れ

1.登録

登録フォームを記入し、パートナー企業として登録していただきます。

2.募集要項の作成

募集の詳細や受け入れプランなどの打ち合わせをし、弊社で募集要項をポーランド語で作成していきます。

3.募集開始

弊社のウエブサイトやその他の広告宣伝媒体を使用し、募集を開始します。

4.応募者のご案内

弊社が推薦する応募者リストから、面接へ進む候補者を選定していただきます。

5.面接

貴社ご担当者様にSkypeで面接を行っていただきます。

6.採用者決定

採用したい候補者を決定していただき、採用候補者はビザの申請に入ります。

7.日本語のレッスン・文化研修

ビザが発行され次第、渡航日まで採用者は日本語・文化研修を行います。

8.受け入れ開始

日本で実際に採用者と顔合わせをし、受け入れを開始していただきます。

お問い合わせフォーム